髪のダメージの原因は?

「ダメージヘア」で多くの方が悩んでいることと思います。今は悩んでいなくても、そのままホームケアでは・・・と言う方も実は多いのです。まずはダメージヘアの原因を知ることが、美しい髪を手に入れるための第一歩です。 髪について知ることも大切です。
 
 
髪がダメージを受ける原因は
 
 
1)紫外線・乾燥・酸化など環境から受けるダメージ
2)パーマ・カラーリングなど化学的ダメージ
3)ホームケア・サロンケアにおける物理・機械的ダメージ
 
 
紫外線で髪の毛のキューティクルはボロボロに
 
夏になり紫外線が強くなると顔や体には日焼け止めを塗って紫外線をシャットアウトします。でも髪の毛や頭皮には日焼け止めを塗っていないという人が大半だと思います。
 
紫外線をあまりにも強く浴びすぎると髪のキューティクルが剥がれてその部分から髪に必要な水分やタンパク質が逃げ出してしまします。
 
そのため枝毛や切れ毛が多くなり焼けたような赤茶色に変色してしまうことも。 紫外線を浴びた肌はヒリヒリして赤くなりますが、髪の場合も同じです。
紫外線を浴び続けていると、確実に髪は傷みます。 肌の紫外線対策と同じく、髪の紫外線対策もしっかりと行っておきましょう。
 
 
ヘアケア製品を使いすぎると逆効果
 
ヘアワックスやヘアスプレーを多用している方も多いと思います。
ヘアケア製品には効果を保つために、化学成分がたくさん使用されています。
髪にやさしい成分で作られたヘア製品を選ぶようにし、ヘアケア製品に含まれている成分は、購入前にしっかりチェックすることが大切です。
 
 
強く洗えば良いと言う訳ではありません
 
ゴシゴシとこするように洗っていませんか?ゴシゴシ洗わなければ、汚れが落ちないと思われがちですが、刺激が強すぎて、逆に頭皮を傷つけてしまいます。
 
 爪を立るのではなく、指の腹を使い、優しくマッサージをする感覚で洗ってください。
シャンプーが残らないようしっかり洗い流しておくことや、自分に合ったトリートメントを選ぶことも大切です。
 
 
本八幡の美容室casspied[カスピエ]の当店では、髪にやさしいトリートメントを使用しています。
カラーや着付け、パーマといった基本的なメニューもございますので、本八幡で美容院をお探しの方は是非一度ご相談ください。